辛いと感じたら治療しよう。

心療内科との違い

カウンセリングする看護師

精神的な病気に対して、認知はされていてもまだ理解が進んでいないのが現状です。
ですが、多くの人が精神疾患で苦しんでいます。
精神科という響きに抵抗があって受診が出来ない人もいるため、現在神経科や心療内科・神経内科と名乗る病院も増えています。
体の不調と心の治療を同時に行う心療内科は、外来治療を得意としていて、内科の一つと考えられています。
心療内科では、精神科医が担当していることもあるので、精神科に抵抗があるのであれば、始めに心療内科を受診してもいいでしょう。
神経内科は、脳や体の神経のどこかに異常がはっきりと出ている病気を扱っているところです。
体の痛みではなく、不安や抗うつ・不眠やイライラといった症状であれば、始めから精神科または神経科の受診がいいでしょう。

精神科は、通常の大学病院・総合病院にもあります。
大学病院や総合病院だと、設備の充実さや他の病気が発覚したときの便利さがあります。
ですが、検査項目が多かったり、患者数が多く待ち時間が長かったりする場合があります。
精神病院であれば、精神科のみ扱っているところで、精神疾患に特化した外来・病棟があります。
専門家専門のケースワーカーやソーシャルワーカーもいます。
デイケアや作業療法もほとんどの精神病院で用意されています。
患者数が大学病院や総合病院よりは少なく、患者一人一人にじっくりと対応してもらうことが出来ます。
どの病院にもメリットはありますが、最も適しているのは、通院も考えて自宅近くの病院を選ぶことでしょう。